PAGE TOP

エネコープ

北海道にやさしく、環境にやさしい、エネルギーを届けます

コープさっぽろ

MENU

企業情報

エネコープ

会社概要

名  称 株式会社エネコープ
会社創立 2001年7月
本社所在地 札幌市北区篠路2条7丁目5-1
TEL:011-776-3183/FAX:011-776-3185
資 本 金 2億3000万円(100%コープさっぽろが出資)
代 表 者 代表取締役社長 八木沼 隆
営 業 所 札幌営業所/札幌市北区篠路2条7丁目5-1
小樽営業所/札幌市手稲区曙2条4丁目1-20 宅配手稲センター内
帯広営業所/帯広市西18条北1丁目1番53号
旭川営業所/旭川市東光3条4-1-24 宅配旭川南センター内
函館営業所/函館市西桔梗町851-3 宅配函館センター内
苫小牧営業所/苫小牧市日吉町3丁目4-4 宅配苫小牧センター内
釧路営業所/釧路市武佐1丁目1-17 宅配トドック釧路センター内
夕張営業所/夕張市清水沢清栄町
研 究 所 バイオガスプラントエネルギー技術開発研究所/亀田郡七飯町字西大沼435-2
事業内容 コープさっぽろ組合員へ灯油、液化石油ガスの宅配販売
家庭用燃焼機器の販売、修理、太陽光発電システムの販売他
メガソーラー事業、バイオマスエネルギー活用事業
(プロパンは札幌地区、苫小牧地区、夕張地区、帯広地区の限定)
職 員 数 約80名(パート含む)

エネコープの事業

灯油事業

北海道の暖房を支えるトップランナーとして、コープさっぽろ全道10万人の組合員世帯へ灯油を配送・販売しています。自社の事業所の他、50社を超える協力会社のネットワークを通じ、北海道ほぼ全エリアへの配送を実現しています。また春から夏にかけて、定期配送利用者へホームタンクの無料点検を実施しており、厳冬期に向けた「安心・安全」を提供しています。

住宅設備(暖房機器)事業

北海道の冬に欠かせない石油暖房機、石油給湯器の販売・メンテナンス、電化設備販売施工も行います。一般家庭用灯油ホームタンクの交換、ホームタンクに係わる関連商品の取付、販売も行っています。また、万が一の災害等に備えた緊急用機器販売、環境に配慮した高効率石油給湯器エコフィール(潜熱回収型)、及びペレットストーブ、木質ペレット燃料の販売も行っています。

LPG事業

家庭用プロパンガスは独自の料金設定でコープさっぽろの組合員さんの家計に貢献しています。特に灯油とプロパンガスの両方を利用される方への、「セット割」は好評を博しています。また24時間監視システムを導入して、安全性の向上と業務の効率化を進めると同時に、監視システムを利用した「見守りサービス」を実施しています。

太陽光発電事業

環境にやさしいクリーンな電気を生み出す、家庭用太陽光発電システムの販売施工。2009年に取扱を開始して以来、道内での施工件数が順調に増えています。大切な財産である家に直接取り付けるため、安心してずっと使えるように経験豊富なスタッフが確かな技術で施工します。買取(売電)や電気料金(買電)の削減による、設置費用の回収などについてシミュレーションを提案します。

発電事業

北海道のエネルギー自給率を高めるため、2013年3月に北海道内では最も年間日照量の多い帯広で2ヵ所の「コープ・市民ソーラー発電所」の稼働を始めました。その名にふさわしく、建設費用の一部3億円を組合員さんから「メガソーラー債」として募り、615名の組合員さんからの出資が活かされています。年間予測発電量は約217.4万kwh、一般家庭約600件分の電力が賄えます。現在、予測発電量を上回る実績を残しています。また、今後は温泉熱やバイオマスエネルギーを利用した発電の可能性も模索していきます。

バイオ事業

バイオ事業2013年1月から亀田郡七飯町にて、NEDOとの共同研究施設であるバイオガスプラントを稼働させています。地域内から家畜糞尿(牛糞など)やコープさっぽろなどの店舗から出る食品残渣を独自の手法で効率よく発酵させ、高濃度のメタンガスに変えます。また、その過程で発生する液肥を有効活用するなど、循環型エネルギー社会づくりをめざします。

省エネ事業

大切なエネルギーを有効に活用するために、使用電力量を「見える化」するための、エネルギー管理システムを提案しています。店舗やビルの電力を管理する「BEMS」、家庭の電力使用量が分かる「HEMS」の販売を行っています。