PAGE TOP

エネコープ

北海道にやさしく、環境にやさしい、エネルギーを届けます

コープさっぽろ

MENU

コープの太陽光発電

エネコープ

蓄電池について

太陽光発電システムの普及とともに注目を集めているのが、電気を「ためて使う」ことができる蓄電池。夜間の安い電気をため、その電気を昼間に使うだけで、従来どおりの生活を送りながら電気代を節約することが可能になります。さらに「電気をつくる」太陽光発電システムと組み合わせれば、ますますおトクで安心です。

太陽光パネルとの併用でさらにおトク!
電気代が安い夜間に蓄電池で電気をためて、日中は太陽光パネルで発電。ためた電気は昼間に使用できるため、より多く電力を売ることができるようになります。
非常時の電源として利用が可能。
経済効果だけではなく、非常時の「安心」も蓄電池によるメリットのひとつです。停電時など、あらかじめ設定した家電製品に電力供給が行われることで、非常用の電源を確保することができます。
※設置の際、停電時に電力を流す配線の打ち合わせが必要となります。

エネコープでは蓄電池のほか、家庭用電力に変換するパワーコンディショナ等、
太陽光発電に必要とする様々な製品を取り扱っております。

蓄電池の主な特徴(SHARP製品の場合)

平常時は売電しながら節約、家計をサポート。
発電して余った電力は売電し、夜間の割安な電力を蓄電。蓄電した電力は、発電量が少ない時間帯に使用できるので、割高な電力の購入を抑えることができます。
※SHARPのシステムの場合、ダブル発電ではありませんので、太陽光発電のみの場合と同様、余剰電力買取価格がそのまま適用されます。
マルチエネルギーモニタで
太陽光発電システムと蓄電池を一括管理
マルチエネルギーモニタ1台で、太陽光発電システムも、蓄電池も操作が可能。一括で管理することができるため、家の電力状況が簡単に把握できます。
既設の太陽光発電システムとも連携
すでにシャープ製太陽光発電システムを設置されているご家庭でも、追加で蓄電池を設置し、連携させることが可能です。
万が一の停電時も、
電気を使える暮らしをサポートします。
停電時は、蓄電池から電力供給を行い、テレビや照明など接続した機器を一定時間使用することができます。太陽光発電システムと併用している場合は、発電しながら余剰分を蓄電するため、より長く電力を使用でき、停電でも安心です。
[機器使用時間の目安(使用パターンの例)]
◎蓄電池残量4.8kWhの場合
ノートPC:6時間/テレビ(40V型):4時間/電話機:6時間/照明(LED):12時間/冷蔵庫:72時間

パワーコンディショナの主な特徴(SHARP製品の場合)

ソーラーも蓄電池も、一台で対応できる一体型
停電時には一台のパワーコンディショナで発電電力を有効活用できます。
省スペースですっきり設置
設置環境で選べる屋内専用タイプもご用意
クローゼットや階段下の収納スペースにも収まる、コンパクト設計。屋内設置だから、寒冷地※や重塩害地域でも設置可能です。
※動作温度は0℃〜40℃

お得な補助金制度もご活用いただけます。

国や道、市区町村など各自治体によっては、補助金制度を設けている場合があります。
詳細はお問い合わせください。