PAGE TOP

エネコープ

北海道にやさしく、環境にやさしい、エネルギーを届けます

コープさっぽろ

MENU

コープの太陽光発電

エネコープ

太陽光発電に関するご質問/お問合せ

まずは、現地調査をお申し込みください。現地調査は、ご自宅での最適なプランをご検討いただくために必要なステップとなります。さらに、ご自宅の状況に応じた正確なお見積もりを作成します。このほか、疑問・質問など専門のスタッフにその場でご相談が可能です。

太陽光発電お見積りご希望の方は、下記の太陽光発電システム見積フォームよりお申し込みください。

●太陽光・機器ご購入・修理 お問合せダイヤル
0120--12-502

(月〜土 8:30〜18:30)

■お申込みの際のご注意

※周辺環境および屋根の形状によっては、設置をお薦めしない旨のご提案となる場合もございます。予めご了承ください。

よくあるご質問

Q.北海道は太陽光発電に向いているの?
A.太陽光発電で電気を作る量は、気温(太陽熱)の高さではなく日照時間と日射量の大きさが決め手になります。逆に気温が高すぎると太陽光パネルの発電効率は下がってしまうため、梅雨がなく冷涼な北海道の気候は太陽光に適していると言えます。日射量で比較しても、たとえば札幌では東京より予測発電量は高く、さらに道東においては全国でもトップクラスの予測発電量を誇ります。
Q.寒さが厳しい冬期は発電が見込めないのでは?
A.太陽光発電にとって、厳しい寒さはむしろメリットなんです!パネルに雪が積もった状態では発電できませんが、雪さえ落ちてしまえば発電は可能です。さらに、パネルの特性上周りの温度が低いほど発電効率が上がるため、実際に、瞬間最大発電量は真夏ではなく、寒い季節に記録されることが多いのです。
Q.屋根の上に重たい物を乗せても大丈夫?
A.雪国の屋根は太陽光発電向きです!雪が降らない地域では屋根の上に物が乗るという概念がありません。しかし、降雪地域ではあらかじめ雪の荷重に耐えうる頑丈な設計になっていますので、建物の強度の面でも安心です。
Q.雪が降っている間は発電しないの?
A.晴れの日と比較すると発電量は落ちますが、雪が降っている場合でも空が明るく、一定の日射量があれば少量ながらも発電はできます。また、自家消費の不足分は電力会社から買って補いますので、電気がなくなる心配はありません。